felmat

 パートナー利用規約
felmat(フェルマ)パートナー利用規約

パートナー利用規約(以下、「本規約」という)は、株式会社ロンバードが提供するアフィリエイトサービス「felmat」(以下、「本サービス」という)の利用に関して、株式会社ロンバード(以下、「当社」という)とパートナー(第1条で定義)との関係を規律するものである。

第1条(定義)

1.広告主、広告主サイト
「広告主」とは、当社指定の方法にて本サービスの利用の申込を行い、本サービスを通して自己の運営するWEBサイトへユーザーを誘導するこ とを意図する者をいい、広告主が運営するWEBサイトを広告主サイトという。

2.パートナー、アフィリエイトサイト
パートナーとは、当社が別途規定する「felmatパートナー利用規約」に同意し、広告主の広告を掲載することで、ユーザーをWEBサイトから広告主サイトに誘導し、成果報酬を得ようとする者をいう。
また、パートナーが運営するWEBサイト、メールマガジン等の媒体をアフィリエイトサイトという。

3.ユーザー
アフィリエイトサイト上のリンクから広告主のサイトに移動する者、または、移動しようとする者をいう。

4.アフィリエイトプロモーション
広告主サイト、および、アフィリエイトサイトによって構成され、ユーザーをアフィリエイトサイトから広告主サイトへ誘導し、別途、当社と 広告主で定める広告成果が発生した場合に、広告主が当社に、当社がパートナーに、同様に別途定める成果報酬を支払うシステムをいう。

5.成果報酬
広告主と当社にて取り決めた成果の効果が得られた場合に、当社からパートナーに支払われる報酬をいう。

第2条(登録)
パートナーになることを希望するものは、本規約に同意した上で、当社の指定するWEBサイトからパートナー登録申請をしなければならない。
申請内容について、当社にて審査を行い、登録を承諾した時点でパートナーとなる。なお、申込の承諾はその旨を電子メールにて通知するものとする。

第3条(提携)
パートナーは当社が提供する管理画面から、広告の掲載を希望する広告主への提携の申込を行うことができるものとする。
広告主がこれを受領する場合に、提携がなされるものとし、パートナーは当該公告主の定める基準に沿って、広告をアフィリエイトサイトに掲載することができるものとする。
パートナーは提携した広告主でもパートナーの裁量によって広告主との提携を解除することができるものとする。
また、広告主によっても、広告主の裁量によって提携の解除がなされる者とし、パートナーは広告主による提携の解除、または、提携申請の却下について、異議を申し立てることはできないものとする。

第4条(成果報酬の種類)
成果報酬の種類は以下の通りとする。

1.クリック報酬型
パートナーサイトに掲載された広告がクリックされ、ユーザーが広告主サイトに誘導された回数に応じて支払われる報酬をいう。
ただし、同一または、実質的に同一とみなされるユーザーによるクリックが24時間以内に複数回あった場合には、これを1回とみなすものとする。

2.結果報酬型
アフィリエイトサイトから広告主サイトに誘導されたユーザーが会員登録、商品の購入、サービス申込など、所定の結果を残すことで、パートナーに支払われる報酬をいう。

第5条(成果の承認、成果報酬の確定)
本サービスにおいて、成果とは、ユーザーがアフィリエイトサイトを介して広告主の定める成果条件に到達した段階で本サービスのサーバー上に残される記録のことをいう。
成果は、広告主により所定の審査基準を元に承認、または、非承認の確定処理がなされるものとする。
パートナーは成果の承認、または、非承認の処理の結果について、異議の申立てができないものとする。

第6条(成果報酬の支払い方法)
広告主により承認された成果の報酬については、広告主か当社を通して、パートナーに支払いを行うものとする。
当社は毎月の末日までに承認された成果の報酬について、翌々月の15日にパートナーに支払いを行うものとする。
ただし、成果報酬の支払い日である15日が金融機関の休日にあたる場合は翌営業日を支払い日とする。
なお、振込手数料は当社にて負担するものとする。

広告主から当社への支払いが行われない場合には、当社からパートナーへの支払いも行わないものとする。
また、それによりパートナーに生じる損害については、当社は何らの賠償義務を負わないものとする。
当社からパートナーへの支払い残額が1,000円未満の場合には、その累計金額が1,000円に到達するまで、当社はパートナーに対する支払いを保留するものとする。
パートナーが指定できる口座は日本国内の口座に限るものとする。
また、登録された口座情報に不備がある場合には、当社はこれを調査、確認する義務、また支払いの遅延について何らの責任も負わないものとする。

第7条(プロモーション条件の変更)
パートナーは広告主により、プロモーションに関する成果報酬などの成果条件が変更されることを了承するものとし、これに異議を申し立てることはできないものとする。
なお、成果条件に変更がある場合には、当社からパートナーに事前に通知するものとする。
ただし、緊急の場合にはその限りでは無いものとする。

第8条(広告素材、リンク先の変更、削除、追加)
広告主はいつでもアフィリエイトサイトに掲載される広告素材を変更、追加、削除できるものとし、ユーザーがアフィリエイトサイトから誘導される広告主サイトのページについても、広告主が選定し決定するものとし、これを随時、変更、削除、追加できるものとする。パートナーはこれに異議を申し立てないものとする。

第9条(本サービスのメンテナンス)
当社は、本サービスの稼動するサーバー、ソフトウェア等の保守点検、修理、補修等を定期的に又は緊急に実施する必要があると判断する場合、その他の必要が認められる場合には、本サービスを一時的に停止することができる。
パートナーは、当社が提供する本サービスが一定期間停止される場合があることをあらかじめ承諾し、これにより広告報酬が減額された場合にも異議を述べず、当社が損害賠償義務を負わないことを承諾するものとする。

第10条 (サービスの停止、変更、修正、追加、削除)
当社は、いつでも本サービスを停止、変更、修正、追加または削除することができるものとする。
その場合、事前にWEBサイト上、あるいは電子メールにてパートナーに通知を行うものとする。
ただし、緊急を要する場合にはその限りではない。
当社はサービスの停止、変更、修正、追加、削除によりパートナーが不利益、損害を被る場合でも、その賠償の義務を負わないものとする。

第11条(資格)
パートナーは以下の各号の条件を満たしていなければならないものとする。
1.本規約を遵守することを承認していること。
2.以下のサイトを運営していないこと。
 1)アダルトサイト、法律または公序良俗に反するサイト、暴力、虐待を推奨するサイト、
   またはそれらのサイトへのリンクを設けているサイト。
 2)20歳以上であること。
 3)本サービスに関連して提供した情報に偽りがないこと。
 4)過去に本サービスにおいて、強制退会になっていないこと。
 5)登録するサイトにパスワードなどによる閲覧制限を設けていないこと。

第12条(禁止事項)
パートナーは以下に定める行為を行ってはならない。
1.リンクコードや広告素材の変更、改変。
2.本サービスの管理画面から取得するリンクコードの改変、また、広告主から提供されている広告素材に変更を加えること。
3.成果発生行為の依頼、助長。
4.成果報酬を得るために、第三者にクリックまたは成果の結果を残すことを依頼、強要すること。
5.虚偽行為
 パートナーが自ら、または第三者と共謀してあたかも成果報酬の発生の条件である行為が発生したかのような行為。
6.登録されたサイト以外での広告掲載
 本サービスに登録しているサイト以外のサイトに広告の掲載を行うこと。
7.スパム行為
 掲示板やオークションサイト、電子メールなどでのスパム行為。
8.直接の連絡
 当社を介さずに広告主と直接連絡を取ること。
9.掲載期間の終了した広告の掲載
 掲載期間が終了しているプロモーションの広告を継続して掲載すること。
10.広告主の指定条件に違反すること
 広告主が指定する条件に違反した広告の掲載をすること。
11.著作権、知的所有権の侵害
 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、肖像権その他法律上の権利を侵害する行為。
12.管理画面のID、パスワードの貸与
 当社から貸与する本サービス管理画面のID、パスワードについて、第三者に開示、または貸与すること。

その他、当社が不適当と認めること。

第13条(当社によるパートナーの登録の削除、退会)
パートナーに以下のいずれかの事由が発生した場合、当社は何らの催告をすることなく、ただちに登録を解除することができるものとする。
この解除によりパートナーに損害が生じた場合でも、当社は一切の賠償の責任を負わないものとする。
1.本規約のいずれかの条項に違反したとき。
2.法令に違反する行為が行われたとき。
3.破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特定調停等手続申立、特別清算申立あるいはこれらのための保全手続の申立がなされたとき、または清算に入ったとき
4.公租公課の滞納処分を受けたとき
5.その他、信用状態に重大な不安が生じたと判断されるとき
6.前各号に準ずる経済的または社会的信用を損なうおそれのある事由があったとき
7.前条に定める資格を満たしていないとき

その他、本契約を継続しがたいと当社が判断したとき
なお、本条の適応により登録を削除した場合には、当社は未払いの成果報酬を違約金として没収するものとし、当社はパートナーに対する支払いを一切拒否できるものとする。

第14条(パートナーによる退会)
1.パートナーは、いつでも本サービスを退会することができます。
2.パートナーの退会手続の完了により、本サービスの登録は抹消されます。なお、退会時にパートナーと広告主との間で提携中であった場合でも自動的に終了されるものとします。

第15条(登録情報の変更)
パートナーは本サービスに登録している情報に変更があった場合には、すみやかに登録情報の更新を行わなければならないものとする。
当社はパートナーが登録情報の更新を怠ったことによる支払いの遅延、その他の不利益について責任を負わないものとする。

第16条(プライバシーポリシー)
当社は本サービスに関連して得たパートナーの情報について、当社が別途定めるプライバシーポリシーを厳守するものとする。

第17条(監視業務)
当社は本規約に則り、パートナーが本利用規約に違反する行為や不正行為をしていないことを確認するために、当社の裁量により監視業務を行う。
前項により、規約への違反、不正行為等が確認された場合、あるいは、違反、不正行為が行った蓋然性が高いと思われる場合には、当社は当該パートナーを退会させることができるものとする。

第18条(権利義務の譲渡禁止)
パートナーは、事前に当社に承諾を得ない限り、本契約上の地位及び本契約から生じる権利義務の全部または一部を第三者に譲渡、担保することはできないものとする。

第19条(知的財産権)
本サービスにおける著作権および商標権その他知的財産権は、当社または広告主等の提供元に帰属するものとする。
パートナーは、当社により提供されるアフィリエイトシステムやコンテンツの全部または一部を、当社および広告主の許諾の範囲内でのみ使用するものとし、許諾の範囲を超えて、転載、複製、出版、放送、公衆送信等、その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせてはならないものとする。
パートナーはアフィリエイトサイト上において、第三者の有する著作権、肖像権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、その他の権利を侵害しないことを保証する。
パートナーと第三者の間で扮装が発生した場合、当社は一切の責任を負わず、当該扮装により当社が損害を被った場合には、パートナーはその損害を賠償するものとする。

第20条 (反社会的勢力の排除)
1.パートナーは、自らが反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう。以下同じ)に現在および将来にわたって該当しないこと、ならびに、反社会的勢力と次の各号の一にでも該当する関係を現在および将来にわたって有しないことを誓約する。
 1)反社会的勢力が経営に支配的な影響力を有すること
 2)反社会的勢力が経営に実質的に関与していること
 3)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、不当に反社会的勢力を利用すること
 4)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていること
 5)その他役員等または経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

2.パートナーは、自己または第三者を利用して次の各号の行為を行ってはならないものとする。
 1)暴力的な要求行為
 2)法的な責任を超えた不当な要求行為
 3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
 4)風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の信用を棄損し、または相手方の業務を妨害する行為
 5)その他前各号に準ずる行為

3.パートナーが本条の規定に違反した場合、株式会社ロンバードは何ら催告等の手続を要せず、株式会社ロンバードとパートナーの間にて締結された全ての契約を解除することができるものする。この場合、パートナーに損害が生じても何らこれを賠償ないし補償することを要しない。また株式会社ロンバードに損害が生じたときは、パートナーはその損害を賠償するものとする。

第21条(免責事項)
本サービスにおいてパートナーに生じた損害について、当社に故意または重大な過失がない限り、何らの責任も負わない。

第22条 (賠償責任)
パートナーは、当社または広告主に損害を与えた場合、その損害を賠償しなければならない。

第23条(本規約の変更)
当社はいつでも変更を改訂することができるものとする。
本規約の変更については、管理画面または本サービスにかかるウェブページに掲載した後、パートナーが本サービスを継続して利用した場合、パートナーは変更後の規約を承認したものとする。

第24条(守秘義務)
パートナーは本サービスに関連して知り得た、当社、広告主の技術上、販売上、その他業務上の秘密情報を、当社への事前の承諾なしに、本契約以外の目的に利用すること、また、第三者への開示、漏洩をしてはならない。
本条項の規定は契約終了後も効力を有するものとする。

第25条(保証の制限)
当社は本サービスについて、以下を保証するものではない。
1.停止することなく、継続して運営されること。
2.本サービスに生ずる欠陥が常に復元、修正されること。
3.本サービスにコンピュータウィルスなどの有害なものが含まれないこと。
4.本条第3項を確保するためのセキュリティ方法を十分に提供すること。
5.パートナー、ユーザーの動作環境に依存せずに、広告を正常に表示させること。

第26条(準拠法)
本規約の効力、解釈等については、日本国法が適用されるものとします。

第27条(合意管轄裁判所)
本サービスに関連してパートナー、当社、第三者の間に、本サービスに関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする

【2012年04月26日 施行】
【2015年10月19日 改定】
【2016年09月20日 改定】